名護市で介護職員の求人募集情報を探している方は、こちらの介護専門の無料サポートがおすすめ。希望の条件を伝えるだけで1週間以内に複数の求人案件を紹介してくれます。

▼転職無料相談はコチラ▼
%%%node_2_node_2_name%%%カイゴジョブ


このような悩みの方にも安心

介護専門の転職サービスは、以下のような悩みを持っている方にも安心して使えます。

名護市の求人

  • ブランクがあって不安
  • 経験不足で不安
  • 給料を上げてもらいたい

給与の交渉、待遇の交渉も併せて行ってくれます。

介護職専門、無料の転職サポートをぜひ活用してみてくださいね。


転職について

35歳転職限界説は、聞いたことがあると思います。転職することができなくなるという説です。いまだにこのような説が吹聴されていますが、本当は、どうなのでしょうか?結論としては、一生懸命ですから、年齢で選んでいてよい状況ではないのでしょう。

転職する場合、無資格よりも転職先が希望するスキルに近い資格を持っていた方が有利でしょう。しかし、最近では、要求されているのは、資格よりも実務経験であるため、資格を持っていない場合でも実務経験を積んでいる人の方が就職に有利なこともあります。会社から見て必要な人材だと判断されれば、35歳を超えていても転職できると理解していいです。確かに、若い方が採用されやすいですが、すぐにでも結果を出すことを求めているような会社では、経験と知識を兼ね備えた30代を求めています。再就職できないとは限りません。

転職したい時は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を持っていることで役に立つことも少なくないと思われます。MOSという資格はマイクロソフト社が公認しているPCスキルが一定レベルにあることを証明する資格になります。このMOSという資格を持つことにより、使われていない企業はないといえるほどのマイクロソフト社のワードやエクセルなどに使われる知識とか技術が証明されるのです。会社員から転職して公務員になることは出来うることなのでしょうか?結論を言うと可能です。実際、会社員として働いていて公務員に転職した方は多数おられます。ただ、転職をしたからといって給料が必ずしも高くなるとは限りません。会社員を続けていた方が高い給料をもらえることもあるので、その辺を明確にしてからやりくりをしつつ、次の職を探そうと楽天的に考えている人は、ご注意ください。たとえボーナスを貰ってそれから後、次の仕事が決まらないなら本末転倒です。転職の際には、計画性が大切ですから、入念に考えましょう。

▼こちらをクリック▼
名護市でヘルパー求人